ガンダム生誕30周年記念イベントDVD-BOX発売!(メ~テレサイト)

2008年11月21日

ソロモンの美学2

次々と戦果を上げるガトーにリック・ドムが受領される。
そのカラーは?とメカニックに尋ねられると。

『ザクだ。』

は?と聞き返すメカニックにガトーは
『旧ザクのカラーに似せて頂きたい。』


この時代のエースパイロットは派手さで力を誇示したいもんだが、ガトーは違う。
これも彼の美学と部下のカリウスは心で笑ったろう。


ソロモン撤退戦に、ガトーはリック・ドムで鬼神の如くビーム・バズで牽制、接近し艦橋めがけヒート・サーベルで斬撃!

『戦艦なぞ、その中枢をせ占めば恐るるに足らん!!』
従来なら艦の腹をビームで狙うのが常であったが宇宙世紀で尚も艦橋剥き出しにあざ笑っていたろう。
旧世紀の第二次世界大戦も映像で見た彼は、この時代になぜMSがないのか!?ともどかしかったに違いない。
そのもどかしさを今こうしてぶつけている!



司令系統を無力化し、乗じてジムをパブリクを蹴散らし戦艦に照準するや否や実に何隻も轟沈。
一機たり追撃を許さなかった。

・・・・・恐れられる。
ソロモンの悪夢と・・・・それはこの出来事を形容しているだけであり、ガトー自身の異名ではまだない。  続きを読む


Posted by ぬまっち at 21:45Comments(4)

2008年11月21日

ソロモンの美学1

1とタイトルに付いてるのは続くかもしれへんのである!!記録ではなく俺の記憶・印象のみでガトーという人間を考える。

ずっと前に話したが、最初は作品が嫌いでした。
それはロン毛ブームに乗っ取ったキャラで、ガンダムは時代を先遣せなアカンのに、媚るムードが大嫌いだったんです。
が、見て単純に納得しました!
それはガトーのバカさ加減。日本被れな滑稽さが可愛く見えたんです。

1年戦争時、ガトーは旗艦が沈みデラーズに止められ
『生き恥じを晒せと!?』
デラーズは『貴官の命、ワシが預かる!!』

『クッ』と言っているが、彼はこんな言われ方に目がないんだ(゚∀゚)

それは、旧世紀の日本の侍に憧れ、本を読みあさり、新渡戸稲造の『武士道』を読むが今一つ理解出来ず、アキラ・クロサワの映画を見て『あぁ動く侍とはこうなのか!?』と衝撃を受ける。

以降、髪を伸ばし始める。が、チョンマゲだけは恥ずかしいと言う結論に至る!!!

事ある毎に、例え。引用し周りの学友は、あまりのウザさに離れていったろう。そんな彼は、ニナと出会い彼女はその異文化な人間に魅力を感じたろう。

それも束の間だった。
ニナはびっくりする。
  続きを読む


Posted by ぬまっち at 12:15Comments(12)