ガンダム生誕30周年記念イベントDVD-BOX発売!(メ~テレサイト)

2009年06月09日

謎の収集…

今でこそさ〜
作ってる側も『これは、みんな集めるやろう』

と、トレーディングカードとかフィギュアとか出してるやん?

俺らの小さい時て、そんなん無かってん。

キャラクターの鉛筆集めたりキャラクターのTシャツやシューズ、弁当箱とかね。当然ガンダムもありました。

せやけど、こんなんやない。これは大人が子供に買うもんであって、決して子供は喜ばない!!


近所の兄ちゃんや、友人の兄から教えて貰う伝統の遊び。
※この時代の子供は、年上から遊びを教えて貰う習わしがあった。


それがビー玉である。

兄ちゃんが持ってる貝殻とかも綺麗やから集めたかったが、海沿いに住んでなくて貝殻は断念しました。

そっから、ビー玉を狂ったように集めました。
中には、とんでもないデカいビー玉もあってどうやって飛ばすんや!!
と友人と論議にもなりました。

一応、公園で穴掘って遊んだよ。
公園はその時、他の子もやってたから穴だらけだ!!!


べったんとかもまだ一応あってんけども、左上とか右端にじゃんけんのマークがあったり、サイコロのマークがあって妙に冷めたもんよ…

(こんなんいつ使うねん…)
素直にじゃんけんするし、サイコロなんか各家庭に最低4つはあるぞ!!
と。
結局、べったんやビー玉、ベーゴマはやはり上の世代の産物やで。俺らは俺らで何かせんと。

と友人らで話し合います。
ともかく収拾世代となった俺らは、特にメーカー側から何も与えられず、感性とセンスで自らの収拾欲を満たすしかなかったんです。

例えば、石ころを拾って動物園を作ってみました。
えらいもんで、そのただの石ころが、きりんや象。カバに見えるんです!!
信じてくれっ!!


そやけど、女子っぽい。このセンチメンタルさは何一つ理解して貰う事なく…

そして動物石の採掘場はすぐに、アスファルトへと変化もしていった。

急激に砂利道がなくなっていった時代でもある…


しかし、一大ムーブメントがクラスの男子で巻き起こる!!!!

酒のフタ集めである。

カラフルであり、かつ軽い。種類も様々あり集めごたえがあった。
見た事ないレアなフタを見て

『おお〜っ』

っとなっていた!!

これまた狂ったように集め、街中の酒屋の空き瓶からフタが消えた。

友達が家族で旅行に行ったら現地しかない一升瓶のフタを狩ってきて

『うお!!!スゲー!!!!』

ってなる。今思えば地酒や(笑)
そのうち、全員のかばんやポケットから酒の匂いがプンプンしてきだしたのには、参ってきだし

だんだんと廃れていった…
そんなのを集めて一体何が嬉しかったのだろうか?


2に続く…  


Posted by ぬまっち at 00:15