ガンダム生誕30周年記念イベントDVD-BOX発売!(メ~テレサイト)

2010年02月01日

まさかの話題シリーズ3

F1、プロレスと続いて

今回はね〜
なんとダンスについて!

まさかでしょう?(笑)
いや、これもね〜俺の時代はめっちゃ流行ったんです。

『もう邦楽の時代じゃないぜこれからはもうブラックミュージックだぜ』

そういう友人はちょっと前におにゃんこクラブの解散コンサート行ってました。
折しも、アイドルというのが、絶滅寸前の時代です。確か、最後のアイドルと呼ばれた

『高橋由美子』

が孤軍奮闘の状態だったと。

そこで、海外から『ランニングマン』というダンスを武器に『ボビー・ブラウン』がやってきたのです。

CMとかでも起用され、そのステップ法は華麗でした。
ちょっと前に、マイケル・ジャクソンのムーンウォークで挫折していた友人は、
『これなら出来る!』

と息巻いて必死にやってました。

ちなみに俺は同じボビーでも、ボビー・コールドウェルにハマってました(笑)


そして、彼が来日して本格的に俺ら世代はダンスブームに飲み込まれる事になります。

MC・ハマーです。
正に黒船!



あらゆるバラエティーに出て、好感度・知名度共にカリスマみたいな感じになりました。



それに乗じて、元コント赤信号の小宮さんが顔が似てるって事で



『MC・コミヤ』として曲を出すくらい!(笑)


バラエティー界では、さんまさんやタモリさん。以前の勢いがなくなり、とんねるずが絶頂を迎えてました。

もうほんまに、バラエティー界はとんねるずさん一色!!

その中、『たけしの元気が出るテレビ』からダンス甲子園というコーナーが、空前に流行ります!

高校生がチームを組んで、ダンスを競うというので、世の高校生は道端のアチコチでダンスの練習するという社会現象へと発展!

俺、びびってました(笑)

あの番組は、このコーナーでもってるくらいの勢いでした。

マイケルジャクソンは、丁度良いタイミングで
『Black or White』
をリリース!

日本は今でこそ、EXILEでしょうが、その前進である
『ZOO』の元祖choo!choo!Trainがミュージック界を席巻してます。

あんなダンサーいっぱい引き連れて、歌うの一人て!!!!!(゚□゚;)

見た事無かったんで斬新やったよ!

安室奈美恵withスーパーモンキーズ(後のMAX)
TRF、SPEEDなど、もはや踊れないとダメみたいな音楽業界でした。

東京に行きたての!あのダウンタウンさんが何と!ダンス番組の司会やってたんやで?知ってる!?

『Dance!Dance!Dance』
って番組(笑)
今じゃ考えられへんけど、やってはってん!


あまりに皆のダンスのレベルが急激に上がった為、

羽扇子持って振るだけで
『踊った気分』になれる、マハラジャやジュリアナ東京が連日満員となり

『イケイケ』という言葉が流行語となり、
更に踊られへん人用にダンスは簡略化されて『パラパラ』となったと記憶してます。


振付師として、ラッキィ池田さんが持て囃され、簡単な踊りと言うのが流行ったと。

そして、映画からブームになった社交ダンスかな?

あの激動のダンスの時代にハマってた人は、おそらく今はダンスの先生となって現代の子を教えてるんでしょうね。

しかし忘れてはならないのが、風見しんごさん

『涙のTAKE A CHANCE』

にて、ブレイクダンスをベストテンで披露した時です!!
リアルタイムで見てましたが、あんなカクカクした動きはびっくりした!!!


しかし残念ながら、まだダンスブームの数年前!
びっくりはしたものの、当時の評価は思いの外、低かった。。
7〜8年早かったのは悔やまれます(>_<)  


Posted by ぬまっち at 00:15