ガンダム生誕30周年記念イベントDVD-BOX発売!(メ~テレサイト)

2011年01月05日

終わったか・・・・




終わると寂しいな
正月(ノ_・。)

気分新たにせなあかんねやろうけどな。。

まだまだ正月気分は捨てませんで!!

しかし綺麗でしょう〜!?

こういう出店て雰囲気良いけど高いよな?


雪の大晦日て寒いけど良いよね。ほんま久しぶりちゃうかな?

へなちょこさんの
〜乗っかり日記〜

ここ数年の年末はまだあったかかったけど昔はほんまに寒くてね

大阪の子供は、青森ちゃうか?!ってくらいのモコモコした格好に、耳あてのフワフワのやつ常備でした。

そして、コンビニが今みたいに全国に普及してないので、年末〜三が日はパニックの如く、主婦達は買い物行きました。
まるでオイルショック
大阪は黒門市場
京都は錦市場

ってとこちゃうかな。

今は有名店のお節料理を買うのがスタンダードやも知れませんが、このシステムが出始めの頃は、考えられない事で、

『なんてキモチ悪い!!』

って思ったぐらい各家庭が振るって作ってましたわ〜


もうね正月の食べ物が大嫌いでしたわ。。

お雑煮はええねん!
好きやねん!
せやけどお節料理てもう全部が全部冷めてるでしょう?
ほんで、見慣れない食べ物ばっかで、しかも連日連夜食べさせられてね。。

少年隊の東のCMが『お節もいいけど、カレーもね!』

にかぶりついて同意したもんです。。

紅白が終わって、ゆく年来る年見るのは今と変わってへんファイティングスタイル!

初詣は深夜に近くの神社に行ってましたわ〜

んで、新春スターかくし芸大会
という毎年恒例の番組がありましてね。
タレントやらお笑い!歌手やら俳優、女優が一気に集まって、そりゃあ華やかなもんでした。

クレイジーキャッツのハナ肇さんの銅像コントは、鏡餅に並ぶお供えもんですわ。

しかし、一歩も家に出れません。何せ今みたいにヨドバシとかなければヤマダ電機もない。

店が閉まってるんで、せっかくお年玉貰っても何も買う事が出来ないのです。。

外界とシャットダウンされた様な感覚に唯一楽しみやったのが、年賀状でした!


『お餅の食べすぎにちゅうい!』
とコピー機の様に書いてくる友達に感心しますが、いや実際にお餅が詰まって亡くなるお年寄りめちゃくちゃ多かったよな!
今は報道されてないだけかな?


とにかくこんにゃく畑どころやなかったよ!
団欒の幸せから一気にひっくり返るんで、ほんまに注意してよね!

お屠蘇。。

イベントで無理から親戚に飲まされる酒なんですけど
飲み込む時、鳥肌立つくらい寒いねんけど、後々あったかくなる不思議な感覚で、わざわざ赤い急須みたいなんに入れる所がまた好きでした。


紅白もかくし芸もそうでしたが、何故かどっちかを真剣に応援したり、レコード大賞とかこれまた真剣に応援したりしてましたよね?
アレ何なんでしょう?

そんな事を思い出すと同時に

『俺、初○○や!』

って未だにいちいち言ってます。
  


Posted by ぬまっち at 18:33