ガンダム生誕30周年記念イベントDVD-BOX発売!(メ~テレサイト)

2011年10月07日

本日、関東牙狼〜MAKAISENKI〜

今日また、レッドレクイエムを見てました(^◇^;)


や〜。。美しいわ。
グロいシーンでも美しい!
ほんま撮影仕方からエフェクトも全て綺麗やわ

とにかくカメラワークがもうほんますごい。。

これから始まるから、ご覧下さい!

最初から、ほんまにすごいよ!!

ネタバレになるのでこれ以上は、書きません!



じゃあ何の話にしようかな・・・・・・?
特撮と俺という事で、ちょっと歴史を書いてみよか。。

やはり、ウルトラマン、仮面ライダーから入りました。
俺の頃、変身ブーム真っ只中です。
ウルトラマンなんて、めっちゃハマりましたね。

仮面ライダーは等身大なんで、かなり親近感あったんです。

・・・・・バイクのサイクロンはどうしても大人の乗り物で、子供の俺には現実的すぎて、運転する勇気がなかったです←


その点、ウルトラマンは巨大なので自分にとってファンタジーやったんでしょうね。

『いるかも!?いてほしい!』

そんな妄想で、ライダーよりウルトラマンに片寄りましたわ。

50円でカードが数枚付いてて、台帳にベタベタ貼るのを集め、仮面ライダーチップスのカードも。

いや〜懐かしい!!!

ゴジラやガメラ、大魔神に赤影に妖怪大戦争。

そして日本が誇る2大特撮ウルトラマンに仮面ライダーという、めっちゃ恵まれた時代で育ちました!

スーパーヒーローの開祖。ゴレンジャー!

キレンジャーを見る度にカレーが食べたくなる魔法に掛かったもんです。
たしか、キレンジャーの人が交代ってなったのは、子供心にすごい残念な気持ちになったのは覚えてます。。

これは西遊記の八戒が西田敏行さんから左とん平さんに変わったのと、同じショックでした。。

新しい役者さんには悪いねんけどね。なんでしょねこの保守的な考えは・・・・・・(^◇^;)


とにかく、テレビマガジンと共に、スーパーヒーローと一緒に育ちました。
イナズマンからキカイダー、ジャッカー電撃隊にバトルフィーバーJと。。

挙げればキリがない!!

一年交代で、ヒーローが代わっていくこの現実。

『一体、日本はいつになったら平和になるのか?』

など憂いた事もありました。

同時にアラも見え初め

ピアノ線やの背中ファスナーなど、脳内で編集し見てないフリをしてあげました。

物語終盤に必ず巨大化する怪人。。

これは意外にショックでして

最初から巨大化しとけよ!と子供心に思ってたし・・・・・・


例えるなら、大好きだったハカイダーが、色分けして量産化され、それが集まって
ガッタイダーになるくらいショックでした。

こうなったら、ワルダーのファンになるしか無かった。

『あんた、この前似たようなやつ買ったったやろ!』

ソフビとか、そんなんも一年経てば、似たヒーローソフビ。
おかんの言う事に、ぐうの音も出なくなる。

(僕はおもちゃを作る大人に騙されたんだろうか…?)

また来年には、違うヒーローが出るんやろな。

虚しくゴレンジャーの超合金を眺めていた幼少時代。。

そんな心境で、どんどん特撮から離れていく事になります。


特撮ブームも影をひそめて、再び盛り上がったのは、平成仮面ライダー。
支持をしたのは、やはり女性。

駆け出しのイケメン俳優を何人も出す事によりの女性支持。

これは俺、逆に反発しましてね。
例えるなら、ガンダム低迷期の頃、カッコイイキャラを何人も出したガンダムウイングと同じです。
しかし、『流行る』という現象は、女性支持がないと絶対ダメになるんですよね。


今思えば、よくぞガンダムや仮面ライダーを見てくれた!!

って言わなあかんのに、この頃は尖ったナイフです。  続きを読む


Posted by ぬまっち at 00:15