ガンダム生誕30周年記念イベントDVD-BOX発売!(メ~テレサイト)

2008年11月24日

俺説ケリィ・レズナー

『俺はすぐに諦める』
ケリィはそこを弱点とは思ってない。向いてないと片付ける。
この辺は、遠い祖先の血からだ。俺説ではアメリカ系だ!
ガトーの異常な几帳面さ。徹底ぶりに初めて見る生き物のような目でみる。
彼を自宅に招き、自慢の銃を分解したり見せた。

ガトーは『旧世紀ではなく、今の光鍔銃はどうなのだ?』
と、からかわれる。

ケリィは、図体だけが目立ちMS研修においても荒いだけで、いわゆる下手。

それも向いてないと片付け、家で大好きな旧世紀の映画を見て、『この時代に生まれたかったな』とふと思う。

地球に憧れるが近場のサイド6で充分だ。

馬や車は上手かった!
これがMSになるとこうもいかない。あれは嫌いだ。

MAになるとどうだろう?
演習科目の変更をし教習を受ける。

それも束の間、ソロモン攻略戦が始まりリック・ドムで出撃するも
連邦のソーラ・システム
そしてガンダム
まざまざと力を見せつけられ、撃墜だけは免れる。
この時の慌てぶりは誰にも見せれない無様と言う他ない。

ここでも諦めて逃げた。

連邦は追撃をしなかったのではなくガトーに阻まれ出来なかったと知る。

『やはり、俺の友人だ!!』
この友人を自分の体の一部の様な誇りに感じる。

撃墜を免れたが、腕に違和感をまだ感じる。
医者に行きたくはない。大したスコアもなく負傷は知られたくない。

それより生きてる事を喜んだ!ガトーと再会し讃えるが、生きてる方が恥だ!と彼は言う。
ケリィにそういう思考がなく理解出来なかった。


いよいよ腕が痛み堪らず医療施設に飛び込むと、手遅れと診断。壊死していた。


ガトーと最後に会うが隻腕の事は隠していた。
握手を求められた時、壊死した方じゃなくて良かったと心底思ってる。


ア・バオア・クー攻略戦
『愚か?』逃げようとする自分に初めてガトーの言葉の意味がわかる。

MAなら!MAを動かすパイロットは不足。
除隊は戦争が終わってからでも!!ビグロに乗り宙域に出る。


『片腕ではやはり不便だな・・・ん?デカイ!!!何だ!?』

識別は味方だ。
『ビグラング?』


あのバカデカイやつのおかげでケリィのビグロは撃墜されなかったのか?。

ア・バオア・クーは既に取り付かれまたもケリィは落ちのびた。
生きている。
ビグラングにではなく神に感謝している。


ガトーはやはり死んだろうか?・・・


Posted by ぬまっち at 00:15│Comments(2)
この記事へのコメント
今日初めてCM聞いた~~ラジオの声はまさしくシャアでした。
Posted by オジオジ at 2008年11月24日 01:55
>オジ様
おおありがとうございます
しかしまだまだですわ!
今やる方が似せれます
Posted by ぬまっち at 2008年11月24日 08:29
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。